【地獄の担々麺】を喰らう旅。初級編~プロフェッショナル編:実食レビュー

食事

職場から自宅までの道中で美味しそうなラーメン屋さんはないかとネットで探していたら見つけました!

地獄の担々麺 天竜
PCホームページはこちら
SPホームページはこちら

【激辛】ジャンルのラーメン店のようで是非これは食べるしかないと思いました。
【地獄の担々麺】の激辛ボルテージを段々と上げていき、そのレビューを記事にしていく予定です。

どの程度の辛さなのか?

店名もラーメンも怖そうな名前だけど大丈夫か?

地獄から帰ってこれるのか?

HP見た僕の感想ですが正直怖いですよね(笑)
この辺の疑問も実際に店舗へ行き、ラーメンを頂きお伝えできればと思います。

店舗紹介:地獄の担々麺 天竜 トツカーナモール店

お邪魔したのは戸塚駅にあるトツカーナモール店様。
美味しいく辛いラーメンをありがとうございました。

外観からしてもう地獄。
コンセプト尖りすぎてませんか?
スカル、黒い壁、赤字。
開店を示す看板は開門中ですよ。
ビビりながら地獄の扉を開きます。

店内はカウンター席のみかな?
扉を入ってすぐに券売機。
横に水が設置されておりセルフのようです。

まずは、セオリー通り左上の食券を購入。
地獄の担々麺 入門編<5辛>
ホームページに記載されていましたがどうやら辛さには段階があるようです。

元祖!天竜担々麺<1辛>
黒マー油担々麺<2辛>
野菜ドラゴン担々麺<3辛>
地獄担々麺 入門編 <5辛>
地獄担々麺 中級編 <10辛>
地獄担々麺 プロフェッショナル編 <30辛>
地獄担々麺 ヘリテイジ編 <??辛>
地獄担々麺 ???編 <1?!?辛>

ホームページより

後半『?』付いてますが……。
好奇心と食欲をくすぐりますね。

食券を提示し麺の量を指定。
小、中、大と選べる仕様のようです。
過去の経験から麺の量の選択肢に『中』があるお店の麺は大抵尋常じゃない量を設定していると思っていましたが、こちらのお店は大丈夫みたいです。

小:120g
中:160g
大:240g
ここまでが選択肢
特大:340g
替え玉:100g

ホームページより

ダイエット中の身ではありますが、これから辛いものを食べるということは汗をかきカロリーを消費するため、実質0カロリー。
つまり、240g(大)を選んでも問題ない!
と、思考を巡らせましたが問題ないわけない。
初めてなのでここは160g(中)で注文しました。

地獄担々麺 入門編 <5辛>

着丼!

ご覧ください。
深いオレンジ色のスープと盛りに盛られたひき肉。
奥の緑はホウレンソウでしょうか。
アツアツの湯気。
口の中に涎が溜まります。

蓮華でスープを掬い一口。

「甘いッ⁉」

そう、一口目甘さを感じたんですよ。
胡麻の甘さでしょうか。濃厚でマイルドな甘さ。

続いて麺。
食べ応えのあるもちもちした触感です。
スープと絡めすすります。

ウマッ!こりゃ濃厚ぉ~~~

やっぱり、胡麻でした。
もう胡麻坦々麺です。
いや、違う。僕は辛い地獄のような担々麺を食べに来たのだッ!!

とか思いながら麺を啜り続けると段々汗が出てきました。
来たコレ!
濃厚な胡麻からビリビリとした辛さが表れ始めます。

体感で着丼から3分後。
しっかりと辛さを感じるようになります。
旨い辛さ。
でも、まだ足りんッ!!

調味料で追辛!!」

右端の黒いツボが花椒です。
辛さに痺れを追加。
揚げニンニク入れたかったけど帰りの電車と明日の仕事を考えると躊躇します。
(今度は翌日が休みの日に来よう)

麺をたいらげ残るスープ。
おすすめの食べ方ではここでライスを投入するそうですが、ダイエット中のこの身。
さすがに炭水化物 in 炭水化物は気が引けます。
故に、紅酢をかけよりマイルドになったスープを一滴残らず飲み干しました。

完食!
満足しました。
ごちそうさまです。

まだまだ続く激辛ボルテージ

食べた丼をカウンターに上げ地獄を後にします。
(ホームページに載っている漫画に『食べ終わったどんぶりはカウンターの上へ』って書かれてました)

さて、入門編は無事食べきり地獄から生還。
怖いのは店名と商品名と外観のドクロくらいで店員さんは死神のような怖い印象はありませんでした。
(ちゃんとラーメン店の接客です)

僕が麺をすすっていると、お母さんと娘さんが来店し「辛くないラーメンはありますか」という質問に対しても丁寧に答えていました。
(この店で凄い質問したなと思いつつ、元祖!天竜担々麺<1辛>をすすめていました。どうやら美味しく食べれたようです)

次回は中級編への挑戦です。

この記事に追加していき、最終的に『?』がどんなものなのかを体験したいと思います。
身体を張った地獄めぐり企画が始まりました!

次回は地獄の担々麺 中級編。乞うご期待!
皆さんも素敵な地獄ライフをお楽しみください。

地獄担々麺 中級編 <10辛> 追記:2023/8/8

入門編との違いは肉そぼろの天辺に鎮座するこの赤いやつ。
見た目通り辛い!

今回もスープから頂きました。

胡麻の香りからコンマ数秒。辛さが舌を刺激します。
明らかに初級編と違う。
間違いなくこれは辛い担々麺です。

唐辛子に似たおそらくハラペーニョをひき肉と混ぜスープと麺に絡ませます。
箸で掬い一口目。熱い、辛い、旨い!

じわじわ痛みに代わって行く辛さです。
汗が首筋を伝うのが分かりました。

辛い。けど旨い。これは病みつきになる辛さです。

鼻の頭にも汗を浮かべ、一気に頂きました。
躊躇したら刈られる。
初級編では見えなかった死神が中級編にして顔を覗かせた印象でした。

辛いのが苦手な方でも初級編までは食べて欲しいと思いましたが、中級編からはもう無理かもしれません。
食後も引かない唇の痛み。
(近くのコンビニで黒ウーロン茶を買い、一口飲んでやっと治まりました。その間3分くらい)
噴き出る汗。
何とも言えないお腹から感じる温かみ。

中級編からは汗対策が必要ですね。
ボディーシートやタオル、ハンカチなど用意した方が良いと思います。

そして、次への挑戦。
地獄担々麺 プロフェッショナル編 <30辛>

隣席の方がプロフェッショナルを注文していたのでちょっと横目で見ましたが、食べ方が違う!
啜るじゃなく【運ぶ】でした。
あまりに辛いラーメンは啜っただけで咽ます。
これは、ちょっと技術がいるかもしれません。

以上が地獄担々麺 中級編 <10辛>のレビューでした。
地獄が見えだす中級編。
辛さに自身がある方は挑戦あれ!

地獄担々麺 プロフェッショナル編 <30辛> 追記:2023/8/25

これがプロフェッショナ編<30辛>
見た目はあまり変わりません。
今回は初めて大(麺量1.5倍)を注文しました。

いつも通りスープから頂きます。

もう普通に辛い。

あまりの辛さにひき肉が甘く感じます。
ヒリヒリとした辛さで口の中がマヒし出し、喉を刺激していきます。
明らかに違うスープの粘度と濃さ。
異常なまでに麺と絡み付き、今まで以上に味覚を刺激します。

刺激された口内は完全にマヒ。
しかも、啜ると咽るパターンの辛さ。
思いっきり啜るとどうなるか、啜らなくてもわかります。
そして、一度咽ると3分は箸が止まる。

止まらない咳込みと喉をダイレクトに刺激する辛さ。

素人には食すのも困難。まさにプロフェッショナ!!!

唇が痛くなります。
額と鼻先から汗が吹き出し首筋をつたいます。
目からは涙。
若干の鼻水。

目の前にティッシュがあって本当に良かった。
そして、席の後ろにはダストボックスが設置されてます。
考え向かれた配置に数々のシュミレーションとお店の努力を感じました。

いえ、感じている暇はありません。
寧ろ、マヒです。辛さによる味覚の強制遮断。

このままじゃ美味しくいただけないと思った僕は、そこに花椒を投入。
どうせ辛くてわかりゃせんと思ったのが甘かったです。
いえ、辛かったんですが(笑)(辛)

辛さのグレードが一段階増しました。
おかしいです。すでに味覚は辛さで溢れているのにさらにそこから辛くなる。
そして。不思議と止まらない箸。
大盛1.5玉を完食しました。

スープどうしよう・・・

今まではスープまで飲み切れましたが今回はさすがに胃袋の危険を感じます。

そこで追加注文。
雑炊セット
ご飯と生たまごをスープに加えることで雑炊が完成します!

これが嘘みたいに辛くない!
生たまごを加えることで先ほどまであった行き過ぎた辛さがちょうどよくマイルドに心地の良い辛さまで落ち着きます。
ウマ辛い!
さっきまでは激辛!

この温度差でみるみる雑炊は無くなっていきました。
そして思うのです。

俺は地獄を体験しに来たのにこのままで良いのか?

良いわけありません。
(いや、良いんですけど)

卓上の調味料を見まわします。
ちなみに、プロフェッショナを食べてる時に水を飲むのはおすすめしません。
花椒とは違うベクトルで辛さのレベルが上がります。

見つけてしまいました。
カレー粉です。
たかがカレー粉じゃんと侮るなかれ。
これ、マジで辛いかんね。

たまごのマイルドさがスパイスで根こそぎ奪われます。
地獄到来。待ってました。
(筆者はどうかしています)

丼底を確認すると黒く塗られて背景に油分が残りまるでオレンジ色の打ち上げ花火が広がっているようでした。

ごちそうさまです。

案の定、食後も続く唇のヒリヒリ。
喉へのダイレクトな痛み。
パンパンなお腹と止まらない汗。

タオル、ボディシートは必須。
食後にヨーグルト系の飲み物を用意することをおすすめします。
着替えがあれば尚良し。

帰宅ラッシュで改札には多くの人がいましたが、なぜか人にぶつかることはありませんでした。
(背後に死神でも映って見えてたのでしょうか)

以上が今回の報告です。
この記事を更新できたということは地獄から無事生還できた証拠となります。

そして、次の挑戦。
ヘリテイジ編<??辛>

辛い辛いと書きましたが正直に言います。

「まだいける!」と。

これも正直に書きますが、次の日はマジで地獄でした。
会社、普通に遅刻しましたし(笑)

それでも私は食べるのです。
生きていながら地獄に挑戦するために!

次回の地獄の担々麺 ヘリテイジ編も乞うご期待!

地獄担々麺 ヘリテイジ編 <??辛> 追記:2023/11/25

辛さ⁇に挑戦!

食券を渡すと店員さんから心配の一声。
『プロフェッショナの7倍辛いけど大丈夫ですか?』
30の7倍で210辛。
まぁなんとかなるでしょ。

なんとかならなかった。

着丼の瞬間わかった。
これ、ヤバいやつだ。。。
香りが明らかに他と違う。

美味しく。。。頂けない!
味わったら終わる。
地獄。地獄の担々麺!!

麺の完食はできたけどスープの完飲はできず。。。

つぎは・・・

ここで終わりじゃないんだよな。
でもスープを完飲できずして次には進めない。
この地獄をまた味わう勇気は今のとこ無いけど(笑)

機会見てまた挑戦してみます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました