【Threads】リリース初日の使用感はどうだったの?

開始

2023年7月6日にTwitter(Xに同年7月24日に改名)の競合アプリとしてMeta社よりリリースされました。
アプリの名前は【Threads】スレッズと読みます。

リリース当日の【Threads】(以降、スレッズ)はどのようなものだったのか。
2023年7月6日にアプリをダウンロードし、実際に操作した方々の使用感をまとめました。

スレッズの仕様

・文字数最大500文字
・画像/動画投稿最大10枚
・フォローされていないユーザーもタイムラインに表示される
・閲覧制限600まで
・再投稿、引用機能
・シェア機能(リンク貼り付け)
・保存機能なし
・ハッシュタグなし
・メンション(@〇〇)機能
・未フォローユーザーのアイコンに『+』表示
・プロフィールはInstagramと同じ表示
・「ツイート」ではなく「スリート」と表現
・ワードプレスが協力体制
・EU圏はまだアプリ未開発
・1行は20文字で表示
・スレッズとInstagramのフォローは別
・Instagramでフォロー中の人はそのまま継続フォローが選択可能
・プロフィール右上からInstagramに移動可能
・現状、広告なし
・改行は一文字計算
・情報のミュート可
・不適切な情報に対しスパム対応可
・アカウントに対しブロック機能有
・言語の翻訳機能は未実装
・いいねの数を非表示化できる
・写真/画像投稿が横にスクロールして表示される

補足

文字数最大500文字 ➡ 1スレッド500文字が正しい。スマホの『改行』ボタンの複数クリックで2スレッド目が表示される(500文字に達したらスレッドを増やし続きを記載することでまとめて投稿が可能)

未フォローユーザーのアイコンに『+』表示 ➡ 【引用】したスレッドの引用元アカウントのアイコンは未フォローの場合でも『+』は表示されない。

プロフィール右上からInstagramに移動可能 ➡ 画面の反映には時間がかかる場合がある。

Twitter(X)との違い

・タイムラインでフォローのみ表示
・下書き保存
・予約投稿
・インサイト作成
・固定ピン
・ハイライト機能
・位置情報貼り付け
・DM
・ブックマーク
・名前の変更(インスタを変えればOK)
・文字の太さ
・リスト作成
・画像のタグ付け
・発信後の編集
・トレンドが無い
・投稿の検索ができない
・フォロワー数の表示が地味
・投稿のアクティビティがわからない

最後に

ツイッター(X)に慣れたユーザーにしていは、不便を感じる機能の不足が多くあるように思います。
今後、スレッズがアップデートを重ねどの程度の機能でまとめ上げるのかが非常に興味深いです。

検索機能、トレンド機能が無い今、すぐにTwitterからスレッズへ移行する人は少ないと思います。
また、当時のスレッズに関しては、あまりフォロワー数の意味はないようにも感じます。
色々な数値を意識させない工夫がスレッズには組み込まれている気さえします(いいね数の非表示など)

画像、動画の横スクロール表示は新鮮ですし、すごく見やすいと感じました。
直感的に絵師様をフォローしようと思った私のファーストアプローチは間違っていなかったのかもしれません。

当分は模索の日々が続きそうですがより良い住み分けを探しつつ古参のスレッズユーザーとして新たなSNSを楽しんでいこうと思うのです。

皆さんも素敵なSNS生活をお過ごしください。

追記

2023/8/8

おすすめとフォロー中という項目が増えました。
(同年7月25日実装)

これにより、フォローした方のスレッドのみ表示することが可能となります。
#(ハッシュタグ)や検索についての仕様変更はまだないようです。
企業の広告などもまだ表示を確認できていません。
その他にも、翻訳機能が追加されているそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました